200年前のモデル 見事に再現しました

左がモデルとなったJohann Andreas Stein, 1787   右が齋藤さんの完成品

Model : Clavichord, attributed to Johann Andreas Stein, Augusburg, 1787 by Gemeentemuseum



製作:クラヴサン工房アダチ にて

adachi.gif (8995 バイト)

 名古屋市にお住まいの齋藤さんから、クラヴィコードを製作したいと言うメールを頂いたのが、ちょうど1年まえの、昨年 ’98年9月でした。

 早速、クラヴサン工房アダチ 安達 正浩氏 に連絡をとったら、材料の提供・製作指導を快諾してもらいました。

 当の齋藤さんも、始めは 本当に作れるの ??、半信半疑でしたが、正確に図面をトレースするところから始められ、ノミ・カンナの扱い方を徐々にマスターされて行くうちに、これなら完成間違いないという感触をつかまれて、根気よく丹念に製作され、遂に完成されました。

 見事としか、賞賛の言葉はありません。


それでは、作品を、途中経過も含めてご紹介致します

始めは、ケース・共鳴胴の製作です。

モデルを忠実に再現させるため、アリ溝でフレームを組み立てるのは、プロでも大変な仕事ですが、見事にそれをされました。


接着前のパーツ、接着、ケース・共鳴胴のフレーム


鍵盤は、一枚の大きな菩提樹の化粧板を切り出して、連続に作ります。 1ケ1ケ形の違う鍵盤を、一枚の板の上に正確にトレースして、糸鋸で切り取って行きます。 根気のいる作業です。

黒鍵と白鍵が、ピアノとは逆ですが、黒鍵には薄い黒檀を貼り、白鍵には牛骨を貼ります。 キーアクションとの関係も有りますので、厚さなど正確に作らないと、重さのバランスが保てなくなります。


楽器で一番重要な部分は、響板です。

響板は、(仏)エピセア ((英)スプルース)を接着して剥ぎ、カンナで薄く削って仕上げます。 微妙にカーブしている、ブリッジは、ブナ材を切り出して作り、響板のほぼ中央に接着します。この部分が音の原点になりますので、一番確実に作らねばならぬところです。


下の写真は、普通の大工道具店で売っている釘です。 この釘を、切断し、端っこの部分を叩いてチューニングレンチの入る角型に仕上げ、薬品で酸化して黒染めし、最後に弦を通す細い穴を明けて、チューニングピンを作りました。 50本以上ですよ!!


ご覧下さい

上の写真の、響板の上に載って写っている、チューニングレンチも自作です。


使用した主な材料

パーツ 材料
ケース・共鳴胴 山桜
響板 (仏)エピセア (英)スプルース
鍵盤 菩提樹
 黒鍵  黒檀
 白鍵  牛骨
ブリッジ ブナ
チューニングピン 鉄釘

使用弦  細弦:スチール  中太弦:真鍮  太弦:リン青銅


完成したクラヴィコードの仕様 寸法単位:cm

項目 仕様
Size height 10, width 98.2, depth 29.3
Compass 4 octaves + fourth, C-f3
Keyboard width (of two octaves) 31.5
Key Unfretted
Strings Unichord (single strung)
String length C 84.4, c 66.3, c1 48.2, c2 29.1, c3 15.5, f3 11.9

齋藤 様 大変にお疲れ様でした。

素晴らしい見事な出来映えに、感銘させられました。 安達氏の良きご指導も有ったかと思いますが、ご努力には大きな拍手をお送りします。

その後、齋藤さんはクラヴィコードの後ろに写っているチェンバロの製作にも挑戦されました。 構造の研究や、図面のトレース から進めました。


 

menu.gif (338 バイト) フロントページ

工房ミネハラ
Updated:2003/4/3