アルペン街道 Alpenstrasse, Germany
 Zither

チター

made in Germany

 インターネットショッピングコーナー


Berchtesgaden, Germany

これも 日本では見ることさえも珍しい楽器 です

 
アルプス
ヨーデル


陽気なフォークダンス!

更には、
ヨハン・シュトラウス の 円舞曲ウィーンの森の物語にも、

こんな楽器が弾けたら楽しいでしょう ね


演奏はちょっと難しいですが

実に、合理的に出来ている楽器です


このページでご紹介してきました チター の取扱は、終了させていただきました。

32 Strings Concert Zither

この楽器は、映画 "第三の男" のテーマ曲で余りに有名ですが、

オーストリアやドイツのフォークサウンドでもお馴染みです。

サウンドは、こちらのホームページでお聴きいただけます

"第三の男" のテーマ曲を演奏している、ANTON KARAS も、これと同じようなチターを使っています。

こちらをご覧下さい。http://www.zithers.com/Zitherists.html


32 もの弦が、どのように張ってあるのでしょうか。

 


ストリングダイアグラム

一番手前の5本の弦を、Finger-board strings といいます。

ギターのように、フレットの上に張ってあります。

弦を指で押さえて、右手の親指にはめた金属製のピックで弾いて、メロディーを演奏します。

弦の音は、上から 
A A D G C の 5度になっています。

弦のチューニングは、ギターと同じような、ギャチューナーです。

この、5本の弦は、金属弦ですので、あの、張りのある旋律が浮き上がって響きます。


次の12本の弦を、Accompaniment  strings といいます。

伴奏弦 です。

この辺りの弦は、右手の人差し指(2) と中指(3) の爪で弾いて演奏します。


その下の、12本の弦を、Bass strings といいます。

伴奏のコード演奏にも使いますが、

主に、低音の伴奏に使います。

この辺りの弦は、主には、薬指(4) の爪で弾いて演奏します。


その下の弦を、Contra  strings といいます。

低音の伴奏弦です。

この領域の弦の数によって、Zither の弦の数が変わってきます。

ここでご紹介している、

32 Strings Concert Zither は、

3本のContra  strings があります。


上の ストリングダイアグラム をもう一度ご覧ください。

ハ長調 C major の曲の場合、主3和音 (メジャーコード) は、G,C,F です。

C major コード を弾くには、

薬指(4)で、#16

中指(3)で、#8

人差し指(2)で、#4,#5

を弾くと、ド、ミ、ソ の弦が弾かれます。

G major コード や F major コードを弾くには、

指の形は同じで、弦1本分ずらすことによって演奏できます。


おなじように、その他のコードも、同じ指の形で演奏できます。

こんな曲 (教則本の練習曲です) を弾く場合、F C G D の4っのmajor コードは、隣り合って弾けるのです。

実に、合理的に出来ている楽器ですね。


ただし、メロディーを弾きながら、

こういう、コードの伴奏を付けて弾くには、相当の練習は必要と思います。

結構、難しい楽器の部類です。

工房ミネハラ では、この、ちょっと難しい楽器も楽しんで頂けるよう、

教則本も一緒にご紹介します。 (上の楽譜は、その中の一部です)

Method for Zither
by A. Darr

出版社 CARL FISCHER

価格:\3,675 (税込)


Sandner 32 Strings Concert Zither

メロディー弦スケール:435mm

バインディング、サウンドホールインレイ付き

チューニングレンチ付き

横幅:625mm 奥行き:323mm 厚み:70mm

特別価格:\231,000 ハードケース付き  (税込)(送料別)


このページでご紹介してきました チター 及び、書籍の取扱は、終了させていただきました。

上記の価格は、配送料別です。

価格は予告なしに変更になる事がありますので、ご確認お願いします

この楽器は、お取り寄せ商品ですので、ご注文後、少しお待ちいただく事が有ります、ご確認お願いします

Order Form 注文フォーム


工房ミネハラ
Mineo Harada

Updated:2009/7/7