Welcome to Lab Minehara Website
MTS vs. Buzz Feiten 比較

楽器は、正確な音程で弾いていただきたい・・・これは、工房ミネハラ の夢です

Your Dream will Come True by

Minehara Super Tune SystemTM

 MTS  TM

 
ミネハラ スーパーチューンシステム TM


Garrison  G-30 HG



Garrison  G-30 HG ナット

ナットの補正量 は、 第1フレットの短縮量 ΔN 0.5mm

第1フレットの短縮量 ΔN の値は、こちらをご覧下さい。


Garrison  G-30 HG サドル

 

ハイポジションでのピッチシフトの値が違っているのは、プラスティック成型品のサドルの 第12フレットのピッチシフトがなされ無いためなので、
その適正値を 
工房ミネハラ   MTS  TM の解析手法にてシミュレーションしました。

その結果は、下記のような値になりました。
 



 
弦の張力 (Tension)

 
応力 (Stress)

 
Ke

  工房ミネハラ   MTS  TM の解析手法では、各弦の張力 (Tension) 、応力 (Stress) などを計算し、その値に基づいて、弦のゲージ・・・特に、芯線の太さや、そこに働いている力によって、音程の狂う程度を決める数値 Ke を、弦毎に計算します。(上の右端のグラフ・・・図中の番号は、弦No.)

その数値に基づいて、各弦に対応して、最適なサドルの補正量を計算します。

左のグラフは、ギターに彫られているサドル溝に嵌めこまれているサドルの厚さに対して、

どの位置に弦を載せれば良いか・・・を計算した結果で、自動的に表示されるグラフです。

弦ごとのKe の値や、その他のファクターを入力することによって、サドルの位置と形状を自動的に計算して表示しますので、これに従ってサドルを製作して、実際のギターに装着します。
因みに、縦軸座標 "0"の位置が、スケールレングスの位置で、それより下の
ΔLの値が、各弦のサドル補正量を示しています。

工房ミネハラ   MTS  TM では、このような解析システムを使って、試行錯誤のカットアンドトライではなく、理論的な裏づけをもってサドルをインストールします。

それによって、狙った通りの正確な音律を設定できます。
 


Garrison  G-30 HG サドル

計算結果は、上図のようになりました。

太い、緑色の折れ線は、下の写真の、今までのサドルに弦の載っている位置 (弦の長さ) を示しています。

2弦以外は、サドルの先端部に弦が載っています。
 


それに対して、計算結果の適正値は、太い、橙色の折れ線に示されるように、いずれも、サドルの位置を少し遠くして、弦の長さを長くする必要がある・・・と言っています。

特に、6弦などは、相当にずらす必要がある・・・と言っています。

この計算結果に基づいて、新たにサドルを作ってみました。


サドル溝を掘り直すのではなく、こちらでご紹介している  MTS  オフセットサドル TM を使いました。

余談ですが

Acoustic Guitar Magazine vol.21 の掲載記事に載っているような、サドルの1弦側が右肩下がりになる・・・などと言うことは 、正常な弦を使っている限り、絶対に有りません。

もし、そのようなセットアップをおこなったら、益々、ギターの音は狂ってしまう・・・と、考えられます。
さて、結果はこうなりました。

Before Garrison  G-30 HG As Is 状態の 音程精度 単位;CENT

Fret

#1 #2 #3 #4 #5 #7 #9 #10 #12
#1 String 0 +1 +1 0 +1 +1 +2 +2 +4
#2 String +1 +2 +2 +1 +1 +1 +2 +3 +5
#3 String 0 +1 +1 0 0 0 0 0 +1
#4 String +2 +2 +3 +4 +5 +5 +4 +3 +6
#5 String +2 +2 +2 0 0 +2 +5 +5 +9
#6 String +2 +2 +3 +4 +3 +2 +1 +1 +10

 

After Garrison  G-30 HG 工房ミネハラ 製作 サドル による 音程精度 単位;CENT

Fret

#1 #2 #3 #4 #5 #7 #9 #10 #12
#1 String 0 0 0 0 0 0 0 0 +1
#2 String +1 +1 +1 0 0 0 0 0 0
#3 String +1 +1 +1 +1 0 0 +1 +1 +2
#4 String 0 0 +1 +1 +2 +2 +2 +2 +3
#5 String +1 +1 +1 0 +1 +1 +3 +4 +5
#6 String +3 +3 +4 +4 +3 +2 -1 -1 -1

上の写真のような オフセットサドル TM で、各弦に対して、最適なサドル補正位置を設定することによって、

下記の 
スチール弦アコースティックギター の、第12フレットのピッチシフ が、ピッタリ 合いました。

と言う事は、Garrison では、Buzz Feiten プリインストール済 と謳っているが、

ナットだけは Shelf Nut に変えていても、サドルには何ら注意を払っていないことが分かった。

ご覧のように、5弦、6弦 は、サドルの弦の載る位置が、ブリッジピンに近付いて、今までのブリッジピンの位置では弦を通すことが出来なかったため、

思い切って、ブリッジピンの穴を埋めて、新たに穴をあけ直しました。


 MTS  オフセットサドル TM

お断り:上記のサドルの手直しは、Buzz Feiten Tuning System (R)  の仕様に基づいてなされたものでは有りません。

あくまでも、
工房ミネハラ   MTS  TM の解析手法で、参考として行ったもです。

従って、市販されているギターとは何ら関係はありません。


以上で、Garrison  G-30 HG の手直しは完了しましたが、

その結果は、下記のシミュレーションのピッチの値を、ほぼ完璧に再現できました。

完全に調整すれば、結構バランスは良いものでした。

 


Buzz Feiten の不思議

ここまでお読み頂くと、皆さんは、一つの不思議に気付かれるとおもいます。

Buzz Feiten は、折角、ナットを補正して、ローポジションの音程の上がり過ぎを抑えるようにしたのに、

何故、ローポジションや#12フレット辺りに、まだ誤差が残るの・・・???

その理由は、簡単です。

もし、ナット位置を#1フレットにもっと大きく近付けてしまったら、 #1弦などは、

今度は、フラットの音程になり過ぎてしまって、どうしようもなくなったしまうからです。

Buzz Feiten の、ナット補正 の考え方と同じ原理の話が、アコースティックギターマガジン 2004 Vol.22 に、載っていました。

こちらをご覧下さい。

本来は、

各弦に対して、音程の狂いをミニマムに抑えるには、

それぞれの
弦のゲージ・・・特に、弦の質量や芯線の太さ、そこに働いている力によって、

一本、一本 最適に補正することが、ベストの補正方法となるのです。

これが

工房ミネハラ  MTS  TM  なのです。


これらのデータを、どのように捕らえるかは、皆様にお任せ致しますが、工房ミネハラ  MTS  TM の考え方は、
どのポジションにおいても、不要なオフセットは残さず、ポジションに依存しない、ギターの完全な平均律音律を目指す・・・
と言うものです。

その原理を詳しくお知りになりたい方は、

ギターの力学

ご覧下さい


 へ 戻る


このページに掲載した Buzz Feiten Tuning System (R) のデータは、公開されている特許明細書の記載から引用したものであり、現在、市販されているBuzz Feiten Tuning System (R) のデータとは限りませんので、ご承知下さい。

このページに掲載したギターは の搭載事例を示したもので、ギターの音程の狂いとは直接の関係はありません。

(C) Copyright このページで掲載しているデータの無断転載 ・公開等はお断りします。


工房ミネハラ
Mineo Harada

Updated:2010/12/8

First Updated:2004/10/20